メニュー 閉じる

宿題のやり方【鹿児島市の放課後等デイサービスWillGo】

子ども達の宿題の進め方には個性が出ています。

例えば、漢字の宿題です。

基本的には国語の教科書が右から読み始めるので、

漢字練習帳も右から書き始めます。

しかし、3年生の男の子は、

真ん中の下側から書き始めました。

 

 

 

 

右に行ったり、左に行ったりしながら進めていきました。

書き始めは必ず右からとは決まっていないので

子ども達の書きやすい、覚えやすい順番に任せています。