メニュー 閉じる
SERVICE放課後等デイサービスとは
放課後等デイサービスって何

放課後等デイサービスとは、障がいや特性をお持ちの小中高生のための放課後等デイサービスです。

私共放課後等デイサービスWillGoでは、スムーズな社会生活への移行を実現するために、学生である小中高生の段階から将来の自立のために必要なことや役立つことを学ぶだけでなく、それぞれの個性や得意分野を伸ばし、将来に向けて着実にステップアップできるように支援します。

また、WillGoに集まった幅広い年齢層の集団生活の中でコミュニケーションを取りながら、自分で決める力や断る力などの自己決定場面、指示への対応(「報・連・相」の訓練)などの社会性スキルをSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)を通して育てます。

そして、社会に出た後、一人でも多くの児童が安定した職業に就けるように、また、児童の心の支えになるように「将来の就労に向けた自立」を視野に入れた支援を行います。

日常生活で必要な着替え、掃除、買い物の仕方など生活スキルを身に着けたり、文字の書き方や計算、宿題の支援を行います。

またソーシャルスキルトレーニング(SST)でコミュニケーション能力の向上も支援していきます。

WillGoではさらに就労に向けてPCの勉強などを行う施設もあります。

施設によって違いはありますが、工作や絵を書いたり、季節に合わせた活動をします。

障害を持つお子様に社会に参加できるように、積極的に地域交流を行っているところもあります。また土日を利用して遠足のような行事を行う場合もあります。

放課後や夏休み等の長期休暇に、お子様たちがリラックスして自由に遊べる空間の提供し、たのしく過ごしてもらうために身体を使った遊びや、楽器を習うなどのプログラムを実施している施設もあります。

自立支援と日常生活に必要な訓練

日常生活で必要な着替え、掃除、買い物の仕方など生活スキルを身に着けたり、文字の書き方や計算、宿題の支援を行います。

またソーシャルスキルトレーニング(SST)でコミュニケーション能力の向上も支援していきます。

WillGoではさらに就労に向けてPCの勉強などを行う施設もあります。

創作活動

施設によって違いはありますが、工作や絵を書いたり、季節に合わせた活動をします。

地域交流の機会の提供

障害を持つお子様に社会に参加できるように、積極的に地域交流を行っているところもあります。また土日を利用して遠足のような行事を行う場合もあります。

余暇の提供

放課後や夏休み等の長期休暇に、お子様たちがリラックスして自由に遊べる空間の提供し、たのしく過ごしてもらうために身体を使った遊びや、楽器を習うなどのプログラムを実施している施設もあります。

障害のある児童

基本的に療育が必要とされる自閉症やADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)、アスペルガー症候群など発達障害を抱える児童が対象となりますが、施設によっては重度障害の受け入れが難しい場合があるので、事前に確認が必要です。

障害者手帳・療育手帳がなくても放課後等デイサービスの利用が必要だと療育センターや病院などの専門家から判断され自治体の調査を受け受給者証が発行されることで利用することができます。

原則就学児童

原則学校に通っている就学児童(小~高校生)が対象ですが、高校を卒業しても利用が必要だと判断された場合利用を続けることができます。

詳しくは区役所・市役所の窓口にご確認ください