メニュー 閉じる

LEGOについて

子ども用のブッロク玩具と言えば真っ先に思い浮かぶのがLEGOだと思います。もちろん放課後等デイサービスWillGoにもLEGOブロックが準備してありまして、LEGOの活動時間になると子どもたちは夢中になって自分たちの作品を作り上げます。
 
LEGOブロックは玩具ですが、教育にも役立つことをご存じでしょうか?
 
最近では教育版レゴブロックなるものも存在するくらいです。LEGOブロックで作ったロボットをスマートフォンやパソコンのアプリケーションで動かすことができ、カスタマイズでロボットが動く速度を上げたり、自分の思うような動きにプログラミングしたりと物の仕組みや原理を理解するのに大いに役立ちます。
 
もちろん普通のLEGOでも自分の思い描く形をどうやったら実現できるかと思考する力や、お手本を真似て作る理解力などは身に付きます。それに出来上がったときの達成感はなかなか他では味わうことはできないはずです。
今回の記事を書くにあたって筆者もWillGoの文字をLEGOブロックで作ってみましたが、これがなかなか思った通りの形に仕上げるのは難しい。文字だけでも30分くらいかかってしまいました。これで飛行機や船を作り上げる子どもたちの力量には脱帽です。
 
 
子どもたちの作品

 
また子どもたちの素晴らしい作品を定期的に上げていこうと思いますので、続編をお待ちください。